綺麗に賢く片づける美しい収納の技

presented by Rie Sakamoto

1.片づけを始める前にまず残すモノの総量をキチンと決める

効率よく片づけを進めていくには、まずは「捨てる」ことを終わらせてください。必要なモノの総量を把握せずに先に収納を考えても、なかなか片づけが進みません。とりあえず入れていくのではなく、どんなモノに囲まれて暮らしたいのかを考え、残すモノの総量をキチンと認識することが大切です。

残すモノが決まったら、同じカテゴリーに分けてください。分けるポイントは「素材を意識」すること。「布モノ」「紙モノ」「電気モノ」が代表的な素材の分類です。素材を意識すると、収納した時に見た目もすっきりとし、シンプルに収まるようになります。

また、片づけを始める前に、いつまでに片づけを終わらせるのか、無理のないスケジュールを立て、目標期限を設けておくこともモチベーションを維持しやすくなるので、おすすめします。

捨てる、仕分ける、片づける目標を立てて無理なく進める

2.収納の基本である「たたむ、立てる、集中させる」を徹底する

同じカテゴリーのモノは一箇所に集中させ、分散させないことが大切です。ご家族暮らしの場合、まずは個人別、次にモノのカテゴリー別、素材別の順番で収納していきます。そして、どんなモノも「とにかくたたむ、立てる、集中させる」が収納の基本となります。

お洋服をたたんだら、引き出しの中に立てて収納。吊るす収納は、たたむことが難しい厚手の衣類やテロっとしたブラウス、ワンピース等。バッグは同じ種類のバッグ同士を入れ子にして、バッグインバッグにすると収納が2倍になります。そして、本を並べるようにバッグを立てて収納してください。書類や小物、文房具などのホッチキスの芯の箱や消しゴム、付箋なども立てます。

たたむことで収納力がアップし、立てる
ことで高さを活用でき、モノの総量を把
握することができるのです。たたむ、立
てることを活用し、開けた時にどこに何
があるのかがはっきりとわかる収納を目
指してください。

使いたい時にすぐに取り出せる仕舞い方を

3.ウォークインクロゼットはタンスやラックで空間を最大限に活用する

ウォークインクロゼットを効果的に使うには、奥行きに合ったタンス(クリアケース、引き出し等)やラックを使って、空間を最大限に活用しましょう。ポイントはお布団やスーツケースなど大きなモノから入れていくこと。この時も、季節の布団や座布団は収納袋や圧縮袋に入れて、立てて収納してください。

また、手の届きにくい高い場所にモノを置く場合は、箱などを使って収納すると取り出しやすく便利です。
可動式の棚板がある場合は、モノの大きさによって高さを変えると収納力が大きく変わります。大きな家電類などはそのまま収納しても大丈夫ですが、衣類や小物類は必ず引き出しやクリアケース、箱、カゴなどを使って収納してください。

ご家族で一つのクローゼットを使う場合は、必ず個人別に明確なコーナー分けをしましょう。一つ一つのモノの定位置をキチンと決めることで、ウォークインクロゼットは抜群に使いやすくなります。

さかもとりえ

日本ときめき片づけ協会公認 ときめき片づけコンサルタント

「人生がときめく片づけの魔法」の著者でもあり、昨年、米国TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出された「こんまり」こと近藤麻理恵さん直伝のお片づけノウハウで、日々、セミナーや講座、個人宅レッスンなど、各方面で活躍しています。

3.美しい暮らしを叶えるクオスの収納