コンセプト/ CONCEPT

目の前は、車通りがない安心の歩行者専用道路。

「クオス港北ニュータウンステーションヴィラ」の南側は、「中川」駅から「絵のある階段」や 「ステージ広場」を通って続く歩行者専用道路「花と緑の散歩道」。
車通りがないため、静けさが保たれ、散歩やジョギングも安心して楽しむことができます。また、敷地北側も片側一車線道路となっており、大通りからは距離があるため、落ち着いた住環境が保たれています。

  • 現地周辺の街並み

  • 現地周辺の街並み

西欧文化とのつながりを感じさせる、個性的な街の雰囲気。

シューベルトの歌曲集にちなむ菩提樹やワーグナーの楽劇に縁のあるシマトネリコの木が駅周辺には植えられています。広場の樹木や街並みが、「中川」駅近辺はドイツ系企業が多く、ドイツとの絆が強い都筑区の個性を象徴しています。

  • 横浜で開校し、1991年から 都筑区にあり歴史のある「東京横浜独逸学園」。

    東アジアで最も歴史のあるドイツ在外学校「東京横浜独逸学園」は1904年に横浜・山手で開校後、一度東京・大森に移転し、1991年に再び横浜市都筑区に移転。区との交流も盛んです。

  • 地域のドイツ系企業も参加する 「ドイツクリスマスマーケットin都筑」。

    2012年12月から、都筑区とドイツの交流事業の一環として、センター北駅前広場で開催。本場ドイツのクリスマスの風習が味わえるイベントとして、すっかり街の風物詩となっています。

『ネオ・ロマンチック』をテーマにした、中川駅周辺の街づくりも魅力の一つ。

「中川駅前センター街づくり協定」に基づき、「中川」駅周辺エリアでは、ドイツ中世風の『ネオ・ロマンチック』な景観を目指した街づくりを推進。街並み全体に欧風情緒を演出しています。

「中川」駅からは歩行者専用道路で徒歩3分。
センター北、センター南の賑わい・利便性も生活圏に。

センター北、センター南。たまプラーザ、あざみ野。
その中間に位置し、港北ニュータウンの緑に恵まれた街「中川」。

「中川」駅の隣駅には、数多くのショッピングモールで賑わう「センター北」駅。その先に、大型商業施設や公共施設などが充実した「センター南」駅。ちょっと足をのばすだけで、都市生活に必要な機能が揃います。
横浜市営地下鉄ブルーラインから東急田園都市線を経由する都心アクセスの途上には、成熟した生活文化が息づく、「たまプラーザ」駅と「あざみ野」駅。その洗練された空気感が、日々の暮らしを華やかに彩ります。

  • 「センター北」駅周辺(中川駅よりセンター北駅へ1分)

  • 「センター南」駅周辺(中川駅よりセンター南駅へ3分)

  • 「たまプラーザ」駅周辺(中川駅よりたまプラーザ駅へ5分)

  • 「あざみ野」駅周辺(中川駅よりあざみ野駅へ2分)

※横浜市営地下鉄ブルーライン「中川」駅より ※「センター北」駅へ1分:横浜市営地下鉄ブルーライン利用 ※「センター南」駅へ3分:横浜市営地下鉄ブルーライン利用 ※「たまプラーザ」駅へ3分:横浜市営地下鉄ブルーライン利用、「あざみ野」駅で東急田園都市線に乗り換え ※「あざみ野」駅へ2分:横浜市営地下鉄ブルーライン利用 ※所要時間は日中平常時のもので、時間帯によって異なります。また、乗り継ぎ・乗り合わせ・待ち合わせ時間は含まれておりません。 ※掲載の環境写真は2018年7月と10月に撮影したものです。 ※掲載の航空写真は2018年10月に撮影したものにCG処理したもので、実際とは異なります。また、現地の位置を表現した光は建物の規模や高さを示すものではありません。